出展社

本館※ABC音順全1社

主催

協賛
  • 主催:大阪ハイエンドオーディオショウ実行委員会
  • 協賛:各オーディオ・音楽専門誌
  • 協力:関西エリアオーディオ店

TOPICS <ショウの見どころ・聴きどころ/出展各社の注目アイテム>

  • アキュフェーズ

    当社は今年創立50周年を迎えました。 新製品の純A級モノラルパワーアンプA-300をはじめ、 50周年記念モデルのセパレート・システム中心に、 別館5階ルピナスにて皆様のご来場をお待ちしております。

  • アークジョイア

    株式会社ノアとの共同出展です。 4F・アゼリアにてエストニアのスピーカー、新製品『XB diamond MKⅡ』と、スイスのアンプ・ブランド『Soulution』を組み合わせて演奏致します。 2F・松の間では土日1時間ずつの特別試聴会にて、極限まで静粛性を追求したスイスのターンテーブルブランド『DE BAER』を話題の『YB mkⅡ』と『Soulution Series3』で演奏。 最先端のアナログサウンドをぜひお楽しみください。 演奏スケジュールなどは決まり次第ホームページにてご案内致します。

  • アクシス

    「今日最高のオーディオエンジニアリングとテクノロジーがもたらす驚異的なパフォーマンスを、”ハイ・ファイ”を謳歌した最もヴィンテージな時代を彷彿とさせるトラディショナルでラグジュアリーなスタイルのキャビネットに融合させた」と、かつてタンノイで辣腕を揮ってきたDr.ポール・ミルズが自負するように、高品位キャビネットにファイン・オーディオ最新の高度な技術を投入する、ファイン・オーディオが満を持して発表したFyne Vintageスピーカー。そしてもう一つ、久々の登場となるルーメンホワイトの最新スピーカーALTAIなど注目のスピーカーを、Dan D'Agostino のアンプ、MSBの驚異的高音質のD/AコンバーターReference DACでドライブ。注目製品を取り揃え展示、デモをいたします。

  • データゲート

    株式会社データゲートでは、従来の日本国内で商品企画プロデュースを行なっているYARLAND JAPAN真空管アンプに加え, 9月よりフィンランド製のスピーカーamphion loudspeakers Ltdの取り扱いも開始致しました。 真空管アンプでは美しい天然の木目を活かしたパネルとブラック塗装のデザイン、回路はもちろんのこと厳選したパーツと真空管ならではの倍音豊かに聴き疲れのない 自然な音質に加え、スピーカーはブックシェルフとトールボーイ型モデルを展示/試聴を行います。パッシブラジエーターによる豊潤な低域、amphionの象徴とも言えるウェーブガイドから溢れ出す中高域にもご注目下さい。

  • アイレックス

    今回のアイレックスブースでは、小型高品位システムでのデモを中心として⾏います。アナログレコードは Reed とTEDESKA、アンプとCD はAUDIA、スピーカーはALBEDO、そしてケーブルはLuna Cable に加えて、その音は録音を超えた世界と言わしめたスペインFono Acustica 社のスーパーハイエンドケー ブルとスピーカー専用仮想アースCompas というシステムをご用意致しました。そして新ブランドであります ドイツAUDIOSPECIALS の高性能ハイエンドフォノイコライザーアンプが⼤阪地区初披露目となります。

  • エレクトリ

    エレクトリブースの4F “カトレア”では、3way4speaker“MAGICO A5”をPASS, McIntoshのセパレートアンプでドライブします。 また2wayブックシェルフ“MAGICO A1” を、PASS, McIntosh, HEGEL、Western Electricのインテグレーテッドアンプでドライブします。CD/SACDにはMetronomeとMcIntosh、アナログレコードにはststとEMT、ハイレゾにはMERGINGで対応します。 “Atacama”のラックもご覧いただけます。 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

  • ファルコン

    当社は2009年にオリジナルブランドである” Falcon Lab”を立ち上げ一貫して全方位型のスピーカーシステムを開発・販売してきましたが、2022年6月に初めてとなる通常Boxスタイルの直接放射バスレフ型スピーカーシステムを2機種製品化しました。他のモデルも含め今回のオーディオショーで体験して下さい。

  • フューレンコーディネート

    FuhlenCoordinateでは、この秋に新シリーズが発表となったスイスPiega社の新製品「Coax411、Coax611」をご案内いたします。これまで培ってきたリボンユニットの技術をさらに深め、キャビネットにも最新技術を用いてグレードアップ。新しいステージへと入ったPiegaをお楽しみください。 そのPiegaを鳴らすのはOctaveのプリメインとNuPrimeの小型セパレート。真空管との組み合わせ、Dクラスアンプとの組みあわせ、どちらの組み合わせがお好みか是非ご体感ください。

  • ハーマンインターナショナル

    3階『桜の間』に出展しますHARMANブースでは、昨年創立75周年を迎えたJBLと、本年50周年を迎えるMark Levinsonの新製品および主要製品を出品。また、昨年から取り扱いを開始しました英国ブランドARCAMのフルラインナップも出品します。Mark Levinsonからは50周年記念モデルを出展予定です。伝統のブランド、JBLとMark Levinsonのハイエンドシステムの組み合わせによるデモンストレーションを是非お楽しみください。

  • KEF Japan

    KEF初出展させて頂きます。今年は新商品が目白押しの1年となりました。 2Fイベントブースでは、久々のリニューアルとなったBLADE One Meta、5F個室ではLS60Wireless、Reference3 Metaのデモンストレーションを実施予定です。 なかでもBLADE One Metaは、関西地区で初お披露目となります。 最新の第12世代Uni-Qドライバと吸音技術MATの搭載により、飛躍的にスピーカーの完成度が高まりました。 KEFの提唱するシングルアペアレントソースの音をぜひ実際にご体感ください!

  • リンジャパン

    コロナ禍の今こそ実感できる本物だけが持つ価値。 この一台が体現するネットワークプレーヤーの進化の証。世界中のオーディオファイルが認めざるを得ないそのパフォーマンス。 ハイエンドオーディオに確固たる足跡を残してきたLINN のオリジナリティと先進性が結晶し、音楽再生は新たなステージへ。 アナログはLP12、デジタルは DSM。是非その魅力をブースでご体験下さい。

  • ラックスマン

    今年のラックスマンは、10月に発売されたばかりの新しいベルトドライブアナ ログプレーヤーのPD-191Aにご注目ください。SAECと共同開発した完全新規 設計のユニバーサルアームを搭載し、振動源をボトムに設置する新構造の採用な どアナログプレーヤーの理想を徹底的に追求しました。そして、5月に発売したPD-151Ⅱや6月発売のD-07Xなど新製品を中心に、多彩な試聴プログラムで皆様のお越しをお待ちしております。

  • メース

    今年のメースブースはハーベス最新モデルXDシリーズを中心に 最新アナログ機器(テクダスAir Force V Premium&オルトフォンEQA-2000)+DELA新製品N50によるデモで アナログ&デジタル再生の魅力を存分にご堪能いただければと思います。 また、457号室ではハーベスXDシリーズフルラインナップをご用意。 465号室ではハーベスSUPER HL5PLUS-XD+キソアコースティックHB-X1&N1をHEGEL H590にてドライブいたします。 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

  • メルコシンクレッツ

    DELAミュージックライブラリーは、当初のNASとしての機能だけでなく、USB-DAC等と接続するだけでPCレスで簡単にファイル音源をお楽しみいただける機能が好評を得ています。 今回は話題の新製品を展示し、良質のオーディオシステムでDELAブランドの製品を一層お楽しみいただけます。 弊社スタッフによる導入前のご相談や、ユーザーの方の疑問・御質問等にもお答えいたしますのでご来場お待ちしております。

  • ナスペック

    日本初上陸となる新星ギリシャのハイエンド・ブランド「Pilium」のセパレート・システムを大阪初披露。Piliumでドライブするのは、フランスのハイエンド・スピーカーAudioNecのEVO3です。ペーパーメンブレンが特徴的なオリジナル・ダイポール・ユニットが生み出すこれまでにないサウンドは必聴です。また、2016年以来のモデルチェンジとなるMonitor Audioのフラグシップ・モデル「Platinum シリーズIII」も初披露。ぜひナスペック・ブースへ足をお運びください。

  • ノア

    株式会社アーク・ジョイアとの共同出展です。 本年は2F・松の間にてブルメスターの弩級フラッグシップ・パワーアンプ『159』とソナス・ファベールのフラッグシップ・スピーカー『AidaⅡ』を土日1時間ずつ演奏します。 関西方面への上陸は初!海外のショウでもなかなかお目にかかれない大型機器の組み合わせです。ぜひそのサウンドを体験ください。 4F・アゼリアでは、発表されたばかりの新製品を演奏・展示します。 演奏スケジュールなどは決まり次第ホームページにてご案内致します。

  • オルトフォン

    2022年は、オルトフォンの新製品ラッシュの年となりました。新たなフラッグシップモデル3機種を中心とした下記モデルとともに、皆様のお越しをお待ちしております。 ・無垢単結晶ダイヤモンド・カンチレバーと新型マテリアルのダンパーを採用した空芯MC、MC Diamond ・MC昇圧トランスを内蔵し、XLRバランス入出力に対応したフォノイコライザーアンプ、EQA-2000 ・専用開発のカンチレバーと無垢楕円針を初採用したMM型カートリッジ、Concorde MkⅡ Elite 弊社ブースでは、この3機種の新たなフラッグシップを中心に独Acoustic Solid社の重量級プレイヤーとオルトフォンのアームを用いたデモを行います。至高のアナログをお楽しみ下さい。

  • PDN

    Paradigm(パラダイム)の新ライン最上位モデルであり、欧州で権威のあるEISAアワード 2022-2023でベストプロダクトを受賞したFounder 120Hをご試聴いただけます。 本機はフラッグシップモデルのPERSONA 9Hで高評価を得た世界最高水準のルームコレクションARC®を搭載。ARCは部屋から受ける有害な影響を排除し、役立つ部分を維持して、どんな部屋でもメーカーのテストルームの正確な音響レベルに整えるオーダーメイドソリューションです。ぜひあなたの耳で、その成果をご確認ください。

  • サエクコマース

    49年を迎える弊社は、長年のノウハウを取り入れ意欲的に新製品を開発しました。 最高峰Wナイフエッジ搭載トーンアームを主軸に、アナログ音質を劇的にアップするスタビライザーやターンテーブルマットの比較試聴を実施します。 また夏に発売した話題の仮想アース『グランドスタビライザーSGS-042』を様々な製品に敷設し、その音質変化を検証し楽しんで頂ける時間をご用意しております。 各種SAECケーブルのトップエンド、ストラトスフィアシリーズを頂点に松竹梅、各機種の比較試聴も体験いただけます。 素晴らしい音楽を沢山ご用意しておりますので、アクセサリー別の比較試聴の際に、ご自身のお耳でお確かめください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

  • ステラ

    Goldmundのプリアンプ「MIMESIS 37S Nextgen」、パワーアンプ「TELOS440」、 Ypsilonのプリアンプ「PST-100mk 2 SE」、パワーアンプの「AELIUS 2 Mono SE」など、今年発表された製品を中心に展示試聴を行います。 透明で豊かな音色と洗練された音楽性をぜひご体感ください。 別館2階の風の間にて、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

  • トライオード

    真空管アンプの操作性、デザイン、音質に新風を吹き込んだ革新的なプリメインアンプEVOLUTIONを中心に、最新モデルTRV-88XRやJUNONE 845Sなどトライオードの人気モデルを取り揃えじっくりとお聴きいただけます。また、英国スペンドールスピーカーの新モデル、新ラインアップも登場し関西初のお披露目となります。真空管アンプと新しいスペンドールが奏でる素晴らしいサウンドをご自身の耳でお確かめください。トライオード1社だけが本館のブースとなりますが本館4F「あやめ」にぜひお越しください。

  • ゼファン

    MARTENの定評ある「低歪み、ダイナミック、色付けのない」サウンドをそのままに、比較的コンパクトな大きさで実現させた最も使いやすいスピーカー「Oscar Trio」、 CH Precision から今年発表されたD/Aコントローラー 「C1.2」など、新製品を中心にご紹介いたします。 最高水準の性能、音質を誇るハイエンドオーディオ ブランドのサウンドをお楽しみください。 別館2階の風の間にて、皆様のご来場を心よりお待ちしております。


アンケートにお答えいただいた方全員に抽選にご参加いただける、 毎年恒例の出展各社提供による各種景品プレゼントもございます。